カンクンの太陽カンクン周辺のマヤ遺跡3選カンクンの太陽

      


マヤの古代遺跡:文化遺産Mayan Ruins

ユカタン半島に栄えた美しく神秘に満ちた都
マヤ文明
マヤ文明
    

マヤ遺跡は、アメリカ大陸の3大文明「アステカ文明」「マヤ文明」「インカ文明」の中でマヤ文明の遺跡になる。
マヤの遺跡で最も驚きなのは、メキシコのユカタン半島にその遺跡がいくつもあることである。
考古学者らは、マヤ文明の2500年もの歴史を大きく3つの年代に分けているのだが、このメソアメリカの都市文明はいまでいう南メキシコ、ベリーズ、グアテマラ、ホンジュラスという広大な地域を最盛期であるAD250~900年の間に支配した。そのほとんどは密林に埋もれた状態にあるため、今も発掘調査ができずに放置されている遺跡も数多い。そのため、すでに世界遺産に登録された7か所のマヤ遺跡以外にも、今後調査が進むにしたがって世界遺産登録が増えていくのは確実であろう。 このマヤ文明最大の遺跡が、メキシコ東部、ユカタン半島北部に位置するチチェン・イツァの遺跡である。遺跡北部の区域内に、西側入り口から1歩足踏み入れると、正面前方にカステージョと呼ばれるピラミッド型の神殿が現れる。このカステージョは、全体が暦として設計されており、91段の階段の四面を合計すると364段となり、これに頂上神殿の1段を加え、1年の日数のと同じ365段となっている。また、カステージョには、春分・秋分の日に、ククルカン(神格:羽毛のある蛇)が降臨するといわれ、影が北面に映し出された景色は神秘的だ。 ユカタン半島に印象的なほど高くそびえ立つピラミッドから、コバの洗練された古代都市まで、マヤ遺跡は世界中の旅行者を惹き付け続けています。 マヤの遺産は今日の考古学における素晴らしい宝物を残している。 宮殿や天文台、ピラミッド、神聖な土地などである。 これらの土地の多くは、我々が発掘や探検をできるレベルで、1000年以上たった今でも未だに素晴らしい保存状態で残されている。 荘厳なマヤの遺跡の驚くべき文明に関して、ワクワクするような事実を知ってほしいですし、このメキシコの地で体感してほしい。 ユカタンのジャングルの奥深くに、この興味深くそして未だに謎の多いマヤ文明への知識を増やしてくれる古代マヤの都市が残っている。 アメリカ大陸のエジプトとも呼ばれるこの地を是非見てカンクンから帰国してください。ユカタン半島のマヤ遺跡は、メキシコの歴史を深く理解することに役立つだろう。


 カンクン周辺で必見のマヤ遺跡3選は?Best3 Mayan ruin in Cancun

それでは、カンクン周辺地域の中で必見のマヤ遺跡を3つ選ばせていただきました。
栄えあるその3つは以下になります。ご覧ください。

チチェン・イッツァ
Chichen Itza

ユカタンで最も力を持った都市。羽根毛の蛇のピラミッドが有名。

トゥルム遺跡
Tulum

カリブ海の美しさとマヤの神殿の組み合わせが印象的。

詳しい説明はcoming soon
コバ遺跡

コバ遺跡
Coba

ユカタン北部最大といわれるピラミッド神殿が残る。

【カンクンへ出発されるまで、まだ7日以上ある方へ】見逃していませんか?

見逃しポイント:ドルでのお買い物は損なんです!

メキシコ・カンクン旅行で現金を使う場面は多々あります。そこでは現地通貨のペソを使わないと損をします。お得なペソ取得方法を知らないと平均して15,000~20,000円損してしまうことも。そんなムダ金は本当にもったいないですので、カンクンに旅立つ前に知識をため込み、準備をしていってください!!

詳細を見る