カンクンの太陽カンクンで訪れるべき絶景のセノーテ3選カンクンの太陽

           


神秘の泉、セノーテとは?What is Cenote? -A Mysterious Fountain-

セノーテセノーテとは地表にできる陥没穴で自然が生み出す絶景です。神秘的な沼という感じですが、潜ってみると、その透明度の高さに人々は驚かされるでしょう。何百万年もの時間をかけて、雨水が徐々に石灰岩を侵食することで、地下に巨大な洞窟群が形成されました。そして、その水いっぱい洞穴の屋根が崩壊することでセノーテが生まれるのですが、その透明度の高さに訪れる人々は驚かされるというわけです。カリブ海の世界的リゾート地カンクンがありますメキシコのユカタン半島には、推定7000ものセノーテがあるといわれています。

セノーテの魅力は、深い美しい青の水中世界です。ひとりセノーテに潜っていると、あまりの美しさ、神秘的な世界に日常を忘れてぼーーっとしてしまい、人生などどうでもよく感じてしまいます。少しの怖さも覚えるくらいです。総じて水はやや冷たいですが、海と違って水が綺麗で澄んでいるので体のベタつきが気にならず快適なのも魅力です。

セノーテはマヤの言葉で聖なる泉という意味からきており、非常に神聖なものであったようです。メキシコ人に限らず外国人観光客は軒並み、メキシコのカリブ海の美しいセノーテを訪れその感動の絶景に心を躍らせます。水泳・シュノーケリング・ダイビング・日光浴という単にリラックスの道具としてだけでなく、古代マヤ文明とのコネクションを感じられることも大きな人気の一因なのかもしれません。

皆様もカンクンを訪れましたら、必ず一回はセノーテを訪れてみてください。感動は保証しますw

それではカンクンを訪れたら立ち寄りたいセノーテ3選に迫ってみましょう!





セノーテ・イキルCenote Ik Kil

セノーテ・イキル セノーテ・イキル(Ik-Kil)は、クリスタルのような透明な水を有した丸い井戸型のセノーテで「聖なるブルーセノーテ」と呼ばれます。木の根っこが垂れ下がっていて、とても幻想的です。
世界遺産チチェン・イッツァを見た後に訪れる方も多い人気のセノーテで、泳いだり飛び込みダイブをしたりすることができます。チチェン・イッツァとセノーテ・イキルのセットのオプショナルツアーを申し込む方も多いようで人気のツアーになっています。
水は思ったよりも冷たく、水深もかなり深いことから長時間の遊泳は体力的に疲れてしまうかもしれないが、海と違って水が綺麗で澄んでいるので体のベタつきが気にならず、気分爽快だと思いますよ。灼熱のメキシコのオアシスですね。
エキゾチックな植生に囲まれたセノーテであり、多くの鳥たちの生息地にもなっています。セノーテは地上から約130フィート(約50メートル)の深さにあり、観光客は木製の階段を約85フィート下っていくと美しい水面に到着します。ここはダイバーよりスイマーやシュノーケル向きのセノーテでチチェン・イッツァに行きがてら寄れるほどの手軽さに人気があるのです。

セノーテ・イキル(Ik-Kil)は、チチェン・イッツァから3㎞、植民地時代の街バリャドリードから35分、メリダから1時間半の場所に位置しており、毎日午前8時から午後5時までの公開とのことです。


その美しい写真をご覧ください。

セノーテイキル観光に最適なおすすめツアー


世界遺産チチェン・イッツァ遺跡&セノーテイキル&エクバラン遺跡1日観光ツアー<昼食付き/カンクン発> icon

残念ながら、セノーテイキルのみを訪れるようなツアーは今のところありません。この神秘の泉をツアーで訪れたい場合は、マヤの世界遺産チチェン・イッツァとのセットツアーであるこのツアーのみになります。マヤの遺跡にも興味のある方には一石二鳥なツアーですが、イキルのみ目当てであれば個人で車を手配していくしか道はありません。

ツアー詳細を
確認してみる
icon




セノーテ・ドスオホスCenote Dos Ojos

セノーテ・ドスオホス セノーテ・ドスオホスは「二つの目」と呼ばれるセノーテであり、カンクン周辺で最大のシュノーケルエリアを有していることでも有名です。テレビでも有名なグランセノーテより何倍も広いので、観光客が多くいても気にならないセノーテです。また、その透明度の高さと広大な洞窟系が売りのセノーテでもあります。
世界的にも有名なセノーテで、ダイバーが水中500メートルの世界を探索することができるくらいの大きな洞窟系があります。ここで「驚くべき洞窟への旅-Journey Into Amazing Caves-」というショートフィルムも作られその名が知られるようになりました。
スキューバダイビングに限らず、水泳やシュノーケルのためのエリアもありますのでぜひ訪れて美しさを体感してください。

両方の「目」には、水にすぐ入れるようにジャングル広葉樹のデッキがあります。左目はダイバーが入水するのに適しており、右眼は大きいためより多くの人が見物したりシュノーケリングしたりするのに適しています。またどちらの目もバードウォッチングにとってはたいへん素晴らしい環境といわれています。
ちなみにドスオホスを流れる大きな地下河川は、シェルハとして知られている大規模なカリブ海の入り江を起源とするものと同じ水源である。

セノーテ・ドスオホスはダイバー向きですがシュノーケリングもできますのでぜひ訪れることをおすすめします。用具のレンタルもありますし更衣室、トイレもしっかり完備されています。

セノーテドスオホスは国道307線上、トゥルムから15分ほどの場所に位置しています。

セノーテ・ドスオホス観光に最適なおすすめツアー


セノーテ・ドスオホススペシャルツアー

人気急上昇中のドスオホスツアーです。所用時間半日なのでオールインクルーブホテルご滞在のお客様にはご滞在時間を有効に過ごせるツアーだと思います。ジャングルに囲まれた神秘的な2つのセノーテを楽しんでください。

ツアー詳細を
確認してみる




グランセノーテGrand Cenote (Sac Aktun)

グランセノーテ

このセノーテは、その名前(グラン=グランドまたは大きいという意味)に恥じない、素晴らしいセノーテです。数あるセノーテの中でも人気の高いスポットで、日本でもTVに取り上げられたりしたことで有名です。100m先まで見える程の透明度を誇り、海や川とはひと味違う幻想的な光景が見られます。その光景のひとつが、太陽の光が射した時に見られる『光のカーテン』。地底洞窟に降り注ぐ幻想的な光のカーテンはまるで神々が住む世界へと導いているかような光景で言葉を失います。
朝日が差し込む時間帯の光のカーテンが絶景なので、午前中をここで楽しんでからその後のカンクン旅行を組み立てるのがおススメです。あまり広くないので、観光客が増えてくると砂ぼこりが水中で舞ってしまい、せっかくの透明度の高さが削がれてしまいます。そういうのも併せて朝一の訪問をお勧めします。

その透明度の高さ故に、浅瀬でも海底にいるような美しい光景に出会えるグランセノーテには水泳、シュノーケル、スキューバダイビングのためのエリアがあります。ちなみにスキューバダイビングの免許がない人でもダイビング可能なスポットとしても知られていますよ。
言葉では形容できない光景が見られるグランセノーテには、小さな魚や亀も泳いでおり、その姿がとてもキュートなんです。コバルトブルーのプールにいると天然の水族館に訪れたような錯覚に陥ることでしょう。魚やカメに見とれていて感動的な鍾乳石に頭をぶつけないように注意してください!w

ちなみに現地では、シュノーケリングセットやウエットスーツの貸し出しも行っています。だから持ち物は水着だけでOK!簡易更衣室やシャワールームもありますので、その場で着替えることができちゃいます。

グランセノーテはコバへの道ダウンタウントゥルムから3.5キロに位置しています。


グランセノーテ観光に最適なおすすめツアー


快適バンで行く!注目度UP中!
グランセノーテ半日観光ツアー<日本人インストラクター付/カンクン発>
icon

日本人がカンクンで経営するルートツアーズ社が催行するグランセノーテのみの半日ツアーです。
一番のオススメポイントは、泉の透明度が最も高く、かつ空いている朝早い時間帯にグランセノーテに到着できるスケジュール!昼過ぎにはカンクンのホテルゾーンに帰ってこれますので、午後の予定も好きにたてられますよ。

ツアー詳細を
確認してみる
icon

メキシコの大自然を満喫!世界自然遺産のシアン・カアンとグランセノーテ日帰りツアー<スノーケルレンタル付/日本語ガイド/カンクン発> icon

世界自然遺産のシアン・カーンとグランセノーテの両方を堪能できる贅沢ツアー!グランセノーテ&チチェン・イツァツアーに次ぐ人気No2のツアーです。シアン・カーンでは水路をボートで抜けるアクティビティつきで、メキシコの大自然を体感するネイチャーツアーです。
催行会社は、日本人がカンクンで経営するルートツアーズ社でサポートも安心ですよ。

ツアー詳細を
確認してみる
icon

カンクン周辺の絶景セノーテ情報はいかがでしたでしょうか?ほかにももっとカンクンを詳しく知りたい方はリンクからチェックしてみてください。

【カンクンへ出発されるまで、まだ7日以上ある方へ】見逃していませんか?

見逃しポイント:ドルでのお買い物は損なんです!

メキシコ・カンクン旅行で現金を使う場面は多々あります。そこでは現地通貨のペソを使わないと損をします。お得なペソ取得方法を知らないと平均して15,000~20,000円損してしまうことも。そんなムダ金は本当にもったいないですので、カンクンに旅立つ前に知識をため込み、準備をしていってください!!

詳細を見る